幅広い経験力、深い知見、多角的なネットワークにより企業の実践的な成長を支援します

DF企業支援本部

2020年9月9日 (更新)

見出し_1 企業支援グループ(2020年版)

ーー 企業支援のプロが無料でベンチャー企業を伴走支援 ーー

コロナ禍においても挑戦をし続け成長を目指す、柔軟性や独創性を有する創業間もない企業を支援する「スタートアップ企業伴走支援プログラム」の支援企業を公募し、今年度の支援企業4社が決定しました。
本事業は、横浜市が ~横浜での”クロスオーバー”からイノベーションの創出~ を目指してYOXOよくぞのテーマのもとに実施している、創業やベンチャー企業の支援の一環として実施するもので、本事業により、成長意欲のあるスタートアップ企業または、社会課題解決に資するビジネスを展開するソーシャルビジネス企業が持つ経営戦略面の課題に対して、経験や知識の豊富な支援人材が約6か月(18回程度)にわたってきめ細やかな伴走支援を行います。

◇ ◇ ◇

【目 次】
掲載日 タイトル
9月09日 「スタートアップ企業伴走支援プログラム」事前研修会 開催
8月25日 令和2年度の支援企業4社および伴走支援者が決定しました
5月26日 「スタートアップ企業伴走支援プログラム」公募開始のお知らせ

◇ ◇ ◇

20/09/09

「スタートアップ企業伴走支援プログラム」事前研修会 開催

8月26日(水)企業支援本部会議室において、伴走支援者、横浜市経済局、講師、事務局参加のもと「スタートアップ企業伴走支援プログラム」事前研修会が行われました。

新型コロナ禍で募集・進行が遅れた本プログラムを9月~来年2月までの6か月間で如何に成果を上げるかの伴走支援者の計画発表と、計画に関する質疑・アドバイス等がありました。多数の応募企業から選抜された4社と多数の応募者から選抜された4人の伴走支援者の発表だけに成果が楽しみな発表でした。

今後は12月1日の中間検討会議を経て、3月の成果発表会となります。その間、伴走支援者・企業で月3回、計18回の伴走支援ミーティングが実施されます。

20/08/25

令和2年度の支援企業4社および伴走支援者が決定

本プログラムは横浜市経済局から一般社団法人ディレクトフォース(DF)が受託したプロジェクトで、去る5月26日に公募を開始、6月23日に応募締め切り、関係者による厳正な書類審査を経て、15社がヒアリング審査へ進みました。

その後、7月6日から3日間のヒアリング審査の結果、下記の4社が本年度の伴走支援企業に決定しました。

一方、DFにおいては、4社に対する伴走支援者を全会員を対象に募集を行い、多数の応募を頂きました。支援企業の業種・要望事項と伴走支援者のキャリア・知見等を勘案し、慎重かつ厳正に選考させて頂いた結果、下記の4名の方々にお願いすることとなりました。皆様のご支援に感謝申し上げます。

◇ ◇ ◇

(敬称略 社名:アイウエオ順)
株式会社エフイー 代表者:本藤 浩樹
主な事業内容 技術サービス事業(機械設計、電気設計、ソフトウェア設計等)、労働者派遣事業(技術者派遣)
伴走支援者:森山 健一(もりやま けんいち DF会員)
経歴住友金属鉱山(株)金属事業本部事業室事業室長 太平金属工業(株)会長
株式会社ジェイネクスト 代表者:牧野 雄一郎
主な事業内容 Web・ITシステム制作。清掃業に特化した業務報告アプリ「Raccoon」の開発
伴走支援者 影山 泰仁(かげやま やすひと DF会員)
経歴デロイトトーマツコンサルティングヨーロッパ代表 ケイジーコンサルティング(株)代表取締役
株式会社プラスオーソ 代表者:吉井 幹人
主な事業内容 専門医向け医療機器(主に人工関節手術)『Esy-』の開発・販売、医療(主に人工関節手術)に関するコンサルティング業務
伴走支援者:高田 弘治(たかだ こうじ DF会員)
経歴バクスター(株)メディカルファンデーションストラテジー室室長 (株)ホリスター代表取締役社長
YADOKARI株式会社 代表者:澤田 一成 上杉 勢太
主な事業内容 暮らしに関わる企画プロデュース・調査研究・メディア運営、小屋、タイニーハウス企画開発、遊休不動産と可動産の活用・施設運営等
伴走支援者:猪瀬 洋一(いのせ よういち DF会員)
経歴(株)電通第2営業局長 電通ヤングアンドルビカム(株)代表取締役社長

今後のスケジュール

  1. 支援期間:9月~2月(約6か月)
  2. 成果報告:2021年3月上旬 支援企業による成果発表
    開催の詳細は開催日に合せ詳細発表予定

2020.05.26

令和2年度創業期ビジネス支援事業

「スタートアップ企業伴走支援プログラム」公募開始のお知らせ

ご応募受付は終了しました
沢山のご応募をいただき有難うございました。
ご応募申し込みは6月23日17時で終了いたしました。

一般社団法人ディレクトフォース(DF)では、令和2年(2020)4月に横浜市より「スタートアップ企業伴走支援プログラム」を受託し、現在、精力的に取り組んでいます。

このプログラムは、横浜市が創業間もない市内企業及びソーシャルビジネス事業者に対して、経験豊富な支援人材が現場において無料で伴走支援を行うものです。

この趣旨に則って、事業の成長・発展に強い意欲があり、独自の強みがあるベンチャー企業またはソーシャルビジネスを展開する企業に向けて、支援企業15社を公募します。

ヒアリング選考を行い応募の中から選ばれた4社に対しては、横浜市と相談の上DF会員の中からその企業に最もふさわしい人物を選び、今後半年(18回程度)にわたって、きめ細やかな伴走支援を行い、企業の成長・発展を後押しします。また、ヒアリング選考で残念ながら伴奏支援の対象とならなかった11社に対しては事務局から書面での「経営アドバイス」のフィードバックを行います。

◇ ◇ ◇

スケジュール

1 応募受付(5月26日開始) 6月23日(火)17時締切り
2 書類審査 6月下旬(結果通知は6月30日以降)
3 ヒアリング審査 7月6日(月)7日(火)8日(水)
4 支援企業決定・経営アドバイス 7月下旬
5 支援人材とのマッチング 8月
6 伴走支援 9月~令和3年2月中旬
7 伴走支援成果発信 令和3年3月上旬

 

ご応募

 ご応募受付は終了しました

沢山のご応募をいただき有難うございました。 ご応募申し込みは6月23日17時で終了いたしました。

ご案内のチラシ

 こちらからご覧ください

お問い合わせ

  • 事業に関するお問い合わせ:横浜市経済局 経営・創業支援課 Tel 045-671-2748
  • ご応募に関する問い合わせ:一般社団法人 ディレクトフォース
    (下記のEメールでお問い合わせください)
    E-mail:yokohama-venture@directforce.org