一般社団法人 ディレクトフォース

サイト内検索 powered by Google
DFの社会貢献活動
2022.05.10

DF柏支部

健康・医療

トピックス

掲載日付 タイトル 実施日
7月21日 将門胴塚訪問- 胴体はどこか? 7月1日
5月10日 DF柏支部 ― 第2回 地域の歴史・文化財をリアルで訪ねる
―柏市 「旧吉田家住宅歴史公園」
4月27日
2022年7月21日 掲載

将門胴塚訪問- 胴体はどこか?

日本三大怨霊のひとり、平将門の名前をご存じの方は多いと思います。その首塚は、東京・大手町の三井物産本社のビルの横にあります。では、胴体はどこか?

7月1日の酷暑(36度)のなか、6人が2台の車に分乗し、柏市から将門の首塚ではなく、彼の胴塚がある茨城県坂東市に無茶を承知でいってきました。非常に暑かったですが、今回も前回に引き続き深い知識とうんちくを持つガイドのおかげで、充実したものとなりました。

平将門の生まれた1100年前の東国は、坂東と呼ばれる未開拓の地でした。その荒地の開拓に農民たちと取り組んだのが将門であったと伝えられています。将門は新しい時代を予期した馬牧の経営と製鉄による農具の開発などに取り組み、荒地の開拓を容易にしました。そうした進歩性が一族との争いを生み、それが国家権力との争いに発展し、豊かな郷土の実現を間近にして敗れてしまいました。

将門伝説には、その夢の実現を見ずに散った悲劇性と庶民の願望が、今日まで語り継がれています。将門遺跡3か所を訪ねて感じたことは、将門は1000年以上前の人ですが、地域の方が庶民の生活向上の貢献した人として、今でも大事に祭っていることを、訪問した先々で感じました。そして、今でも、将門伝説今もしっかり生きていることを再認識しました。今回は幹事の山口さんの熱心さが伝わる、有意義なイベントでした。

今回はDF柏支部の「地域の歴史を知ろう」の3回目です。新メンバーの嘉屋さんも参加していただきました。次回幹事の大崎さんが同日、候補地をもとめて早くも動き出しました。同じ地域に住んでいる我々は、今回の地域を知る活動を通じて地域への関心の高まりと、同郷の人との繋がりになったと思います。

その胴塚を抱くように大きなかやの木が立っています。また、胴塚の西側には、昭和50年に東京都大手町の将門首塚から移された「南無阿弥陀仏」の石塔婆が建てられています。

宮崎 泰雄 (796)
2022年5月10日 掲載

DF柏支部 ― 第2回 地域の歴史・文化財をリアルで訪ねる
―柏市 「旧吉田家住宅歴史公園」

新型コロナ感染拡大で延期していた、第二回の歴史・文化財の訪問と懇親会を、前夜の大雨・強風が明けた、GWの前の4月27日(水)に行いました。
2022年4月27日(水)午前11時~午後2時
千葉県柏市花野井974-1
旧吉田家住宅歴史公園(2010年に建物が国の重要文化財に指定)
懇親会は、徒歩30分弱の和食レストラン「はな膳」
参加
6人
(旧吉田住宅歴史公園)
当日は、同住宅の正門に集合し、ガイドの説明付きで1時間強の見学をしました。

吉田家は、幕末から維新前後に建築された、豪農の住宅です。苗字帯刀を許された士分格で、醤油醸造を手広く行い、利根川の水運を利用して江戸に醤油を出荷していました。見学時みました、醤油業者の番付表(写真参照)では、野田醤油(現キッコーマン醤油)の創業家である茂木家、高梨家が大関などに位置していましたが、吉田も、前頭筆頭ですので、相当有力な醤油醸造業者であることが伺えます。残念ながら、大正11年に野田醤油に、醤油業者乱立による競争激化と収益率の低下もあり、譲渡し廃業しました。

吉田家は、江戸時代では、大規模農家で、醤油醸造を営む外に、幕府の軍用馬の放牧地である小金牧の管理にあたる「牧士」も務めておりました。そのため、吉田家住宅には、主人たちが住む主屋と幕府役人を迎える書院が一連の平面設計により、同時期に建築されました。その書院では、その細部にまで役人を迎えるために配慮した建築・装飾がなされ、そして当時の大工の技量のすごさを認識しました。豪農といえ武士と庶民の家の建築仕様の厳格な格差や、江戸の時代の棟梁の建築・技術の高さと心意気に感銘を受けました。

(余談ですが)

この吉田家には、ウィンブルドンテニス大会で優勝した沢松和子(旧姓)の嫁ぎ先でもあり、この旧吉田家住宅に隣接して、青少年のテニス育成を目的としたテニス研修センター(吉田記念テニス研修センター)があります。昨年のパラリンピックの男子車いすテニスのゴールドメダリストの国枝慎吾選手は、小学6年生の時に、ここで車イステニスを始めたとのことです。

見学後は、近くのお店で、美味ランチを楽しみながら、懇親を深めました。やはり、リアルはいいねとの思い、次回の再会を約束して散会しました。

(暫定世話役: 宮崎泰雄)