タイトル

一般社団法人ディレクトフォース
事務局長 保坂 洋
企業ガバナンス部会長 三宅浩之
同部会世話役代表 橋本 健


2018年4月20日

DF会員のみなさまへ

企業ガバナンス部会 - 第13期研修会
「第8回セミナー」のご案内

ーー2018年5月16日(水)14:00-16:00ーー

講師画像企業ガバナンス部会「第13期研修会の第8回セミナー」を、下記の要領で開催いたします。
今回は、みさき投資株式会社 代表取締役 中神康議様 をお招きし、
長期投資家は会社の何を見ているのか ~ 投資される経営 売買される経営」と題して、お話を伺います。

 

中神様は大学卒業直後から経営コンサルティング業界に入られ、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)、コーポレイトディレクション(CDI)のパートナーとして、約20年にわたり幅広い業種で経営コンサルティングに取り組んでこられました。また、数多くのクライアント企業価値向上の実体験を通じて『働く株主®』投資モデルの有効性を確信され、2005年に投資助言会社を設立、上場企業への厳選長期エンゲージメント投資活動で数々のエンゲージメント成功事例を築かれました。
2013年からはみさき投資株式会社を設立され、引き続きエンゲージメント投資に取り組んでおられます。
当日は約1時間のご講演に続き、質疑応答時間を45分、お名刺交換時間を10分という予定にしておりますが、中神様のご著書「投資される経営 売買される経営」(日本経済新聞出版社)を事前にお読みいただくと、より充実したセミナーになるものと思います。
皆様の積極的なご参加をお待ち申し上げます。

◇ ◇ ◇

 【講演要旨】

現在、官民挙げて「持続的な価値創造」が叫ばれています。また長期投資の必要性が語られています。本セミナーではまず、持続的な企業価値とはどのような要素によって決まるのかに関する仮説を提示してみます。次に対話によって実際に価値が向上した事例を紹介し、長期投資・エンゲージメント投資の対象になる経営と、短期売買されてしまう経営の分岐点を考えてみたいと思います。


日 時: 2018年5月16日(水)14:00—16:00
会 場: 日本ビルヂング「10階セミナールーム B」
(日本ビルヂングの10階にあるセミナールームBです。日本ビルは東京駅日本橋口正面にあります。地図はこちら

テーマ: 長期投資家は会社の何を見ているのか
    -投資される経営 売買される経営-」

講 師: 中神 康議 氏(なかがみ やすのり)
  みさき投資株式会社 代表取締役社長

会 費: 会員2,000円 会員外5,000円
当日のご予定が合わずご欠席の場合は、有料で資料をお送りいたします。
ご希望される場合は、1,000円(送料込)を現金でお支払い下さい。

申込期限・ 方法: 2018年5月11日(金)までに、こちらの〈申し込みフォーム〉からお申込みください。
照会先: 三宅 浩之
DF事務局 企業ガバナンス部会
電話 03-6865-7860 email:miyake@directforce.org
(このお知らせは送信専用です。返信いただいても無用となります。お問い合わせなどは、上のメールアドレス宛お願いいたします)

【中神 康議 氏】

///学歴 諸活動 ///

学 歴

  • 慶應義塾大学経済学部卒
  • カリフォルニア大学バークレー校経営学修士(MBA)

諸活動

  • 公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)
  • 「山を動かす」研究会発起人・代表幹事
  • Protagonist,HarvardBusinessSchool
  • 日本取締役協会コーポレートガバナンス大賞選考委員

著 書

  • 「投資される経営 売買される経営」(日本経済新聞出版社)
  • 「ガバナンス改革 先を行く経営 先を行く投資家」(「山を動かす」研究会編、日本経済新聞出版社)
  • 「ROE最貧国 日本を変える」(「山を動かす」研究会編、日本経済新聞出版社)
  • 「経済学は何をすべきか」(岩井克人東京大学名誉教授らとの共著、日本経済新聞出版社)等多数。