2017年月12月27日
一般社団法人ディレクトフォース
事務局長 保坂 洋

ディレクトフォース会員各位

「第175回 講演・交流会」のご案内

創立15周年の本年も残り数日で新年を迎えようとしています。会員の皆様には、DFの活動にご支援・ご協力をいただき有難うございました。
東京オリンピック・パラリンピックまで、残り900余日となりました。今回は、パラリンピック競技大会組織委員会顧問を務め、年齢・性別・障害・職業・国や地域の区別なく、すべての人が持てる力を発揮し、誇りある自立を得、ともに明るく豊かに暮らす社会を実現するための活動「ユニバーサルコミュニケーション活動」の一環として、障害者スポーツ事業にご尽力されているすばらしい講師をお迎えすることができました。
万障お繰り合わせのうえご参加いただきますようお願い致します。

ーーーー

日 時: 2018年1月29日(月)15時00分〜18時00分
会 場: 学士会館202号室
東京都千代田区神田錦町3−28 TEL: 03-3292-5936

テーマ すべての人が好きなスポーツに関わる社会へ
講 師 伊藤 数子 ( いとう かずこ )

【略 歴】

NPO法人STAND代表理事、株式会社パステルラボ社長新潟県生まれ。新潟大工学部卒。1991年金沢市にて企画会社パステルラボ設立、代表取締役。52歳
車いす陸上競技の観戦が契機となり、2003年から電動車椅子サッカーなど競技大会のインターネットライブ中継を開始。
誰もが明るく豊かに暮らす社会を実現する「ユニバーサルコミュニケーション活動」のため2005年NPO法人STANDを設立し障害者スポーツ事業を本格始動させる。
「総務省u−JAPANベストプラクティス」ほか多数受賞。
現在、ウェブサイト「挑戦者たち」の編集長として障害者スポーツの魅力を配信。また、スポーツイベントや体験会を開催している。
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問、総務省情報通信審議会専門委員、日本パラリンピアンズ協会アドバイザーなども務める。
著書「ようこそ障害者スポーツへ〜パラリンピックを目指すアスリートたち」(廣済堂出版)ほか。

【講演要旨】 私が障害者スポーツに初めて出会ったのは、1990年のことでした。
翌年には石川県で国民体育大会(国体)が開催される予定となっており、その1ヶ月後に同会場で行われる全国身体障害者スポーツ大会での仕事の依頼を受けたことがきっかけでした。
しかし当時、「障害者スポーツ」という言葉さえ知らなかった私には正直、何をどうすればいいのか、皆目見当もつきませんでした。ひとまず同年秋に行われたリハーサル大会を見学に行くことにしました。すると、そこで私は生まれて初めて、車いすに乗った人と話をする場面に遭遇したのです。その人は、陸上の車いすランナーでした。
「はじめまして‥‥ 」
一通りの挨拶をしたあと。しーんと静まり返ってしまいました。車いすの人と何を話したらよいのか、話題が見つからなかったのです。私はいたたまれない気持ちでした。すると、その車いすに乗った人が私にどんどん話しかけてくれるではありませんか。
「伊藤さん、パソコン持ってる?」「◯◯◯(機種)はなかなかいいよね?」「でもさ、すごく高いんだよね」
どうやら、その人はパソコンに詳しいようなのですが、正直、私はあまり関心がありませんでした。一方的に話しかけてくるその人に対して、「初対面の相手に、自分の興味あることだけ話してくるなんて、なんだか失礼だなあ‥‥」と、あまりいい気持ちはしませんでした。
しかし、ふと気づいたのです。さっきまで話すことがなく、いたたまれない気持ちになっていたのに、彼が話しかけてきた途端に、私はそのことをすっかり忘れてしまっていたことに‥‥ 。

会 費: 3,000円
会員同伴の会員外の方:3,000円
会員のご家族:2,000円

スケジュール : 15:00〜16:30 講演 Q&A
16:30〜17:00 事務局からの連絡など
17:00〜18:00 交流会(立食パーティー)

出欠のご連絡: 1月12日(金)までにご連絡下さいますようお願いいたします。
お申し込みはこちらからお願いいたします。

ご出席の際には、必ず名札をご持参下さいますよう、お願い致します。
以上