2018年2月20日
一般社団法人ディレクトフォース
事務局長 保坂 洋
環境部会セミナー企画リーダー
佐々木正延

DF会員のみなさまへ

「第36回 環境セミナー」のご案内

「異常気象を知る」
ーー 異常気象に備えるために ーー

好評をいただいている、環境部会主催の「環境セミナー」のご案内です。

今回は、気象庁の異常気象情報センター 予報官をされている、新保明彦氏(写真)をお招きして、日本はもとより世界各地に大きな影響をもたらしている「異常気象」についてお話しをいただきます。

ご多忙とは存じますが、聞き逃せない話題かと思います。是非ご出席されますよう、お勧め方々ご案内申し上げます。

ーー 講演要旨 ーー

image

異常気象がひとたび発生すると、災害など社会的に大きな影響を及ぼします。

また、経済活動のグローバル化により、異常気象の影響は、それが発生した国だけでなく、その他の国々にも及び、我が国の社会・経済等にも大きな影響を与えることがあります。異常気象は、地球温暖化の進展に伴い発生頻度が高くなる可能性があり、異常気象に脆弱な地域ではより大きな被害が懸念されます。

気象庁では、日本及び世界各地の異常気象を監視し、情報提供を行っています。本講演では、異常気象に関する基礎的な話題から、最近の日本や世界で発生した異常気象、異常気象と地球温暖化との関係などを紹介します。

(講演要旨:新保 明彦 / 気象庁 気候情報課 異常気象情報センター 予報官)

 

ーー 開催要領 ーー

講 師: 新保 明彦 氏 / 気象庁 気候情報課 異常気象情報センター 予報官
テーマ: 「異常気象を知る」ー異常気象に備えるためにー
日 時: 2018年3月22日(木) 14:00〜16:00
会 場: 東京ウィメンズプラザ 視聴覚教室 A、B、C
東京都渋谷区神宮前 5-53-67 
電話:03-5467-1711
国連大学ビル右裏手の右側
地下鉄表参道駅B-2出口から徒歩7分、渋谷駅から宮益坂を経て徒歩15分
受講料: 1,000円
申込先: こちらの「環境セミナー」申込みフォームにご記入の上お申し込みください。

新保 明彦 氏 略 歴

気象庁 地球環境・海洋部 気候情報課 異常気象情報センター 予報官
1998 年東京大学大学院理学系研究科修士課程修了後、気象庁入庁。主に同庁気候情報課にて季節予報モデルの開発に従事。2017 年から現職にて日本及び世界の異常気象やその要因に関する情報発表を担当。