2018年12月13日
一般社団法人ディレクトフォース
事務局長 保坂 洋
環境部会セミナー企画リーダー
佐々木正延

DF会員のみなさまへ

「第35回 環境セミナー」のご案内

「不透明感増すエネルギー政策」
ーー 電力自由化、原発、温暖化対策の狭間で ーー

image

東日本大震災と福島第一原発事故の後に大改訂された日本のエネルギー政策は、電力の自由化を進めつつ、原子力の復活と地球温暖化対策の推進など複数の目標達成を目指してきた。政策目標は相互に矛盾を孕むが、政府は同時達成ができると主張してきた。
しかし矛盾が次第に表面化し同時達成の困難さがあらわになってきた。
電力自由化にも関わらず消費者の料金負担は軽くならない。原発への投資を電力自由化が阻む。再エネの拡大が進まず、二酸化炭素の削減が危ぶまれる。
2020年の再改定に向け見直し議論が始まったエネルギー政策の課題を点検する。

(講演要旨:滝 順一 / 日本経済新聞 編集委員)

 

ーー 開催要領 ーー

講 師: 滝 順一 氏 日本経済新聞 編集委員
テーマ: 「不透明感増すエネルギー政策」ー電力自由化、原発、温暖化対策の狭間でー
日 時: 2018年1月15日(月) 14:00〜16:00
会 場: 東京ウィメンズプラザ 視聴覚教室 A、B、C
東京都渋谷区神宮前 5-53-67 
電話:03-5467-1711
国連大学ビル右裏手の右側
地下鉄表参道駅B-2出口から徒歩7分、渋谷駅から宮益坂を経て徒歩15分
受講料: 1,000円
申込先: こちらの「環境セミナー」申込みフォームにご記入の上お申し込みください。

滝 順一 氏 略 歴

日本経済新聞編集委員
1979年早稲田大学政経学部卒業後日本経済新聞入社。科学技術部、米州総局、 ワシントン支局、大阪本社経済部編集委員、科学技術部長などを歴任。
2009年から論説兼編集委員、2016年編集委員。

滝講師は今回で9回目の講演になりますが、毎回核心を突いたご講演で、皆様から好評を頂いております。