一般社団法人 ディレクトフォース
サイト内検索 powered by Google
彩遊会ロゴ

彩遊会

美術同好会(2018年版)

世話役 井上 史男

info_彩遊会
矢印

2018年6月2日 更新

目 次

矢印 第10回「彩遊会展」Web Gallery
矢印 第9回「彩遊会展」Web Gallery
矢印
DF美術同好会「彩遊会」入会のお勧め

テーマ / イベント名 実施日 掲載日
DFオフィス・ギャラリー作品展(6月7月) 6・7月 6月2日
近江八幡 スケッチ合宿 5月23日〜25日 5月27日
DFオフィス・ギャラリー作品展(4月5月) 4・5月 4月5日
DFオフィス・ギャラリー作品展(1月3月) 1・3月 1月15日

2018年6月2日 掲載

DFオフィス・ギャラリー(6-7月)

DFオフィスギャラリー(6〜7月)は、飯野良吉さんの水彩画「赤松と時計台」と、三納吉二(さん)の水彩画「ビギナーズ・ラック」です。お二人とも一昨年の彩遊会入会と同時に水彩で本格的に絵に取り組み、日々努力を重ねています。

展示にあたり、お二人のコメントは以下の通りです。

  • 飯野さん
    見慣れた時計台も絵を描く事で改めて見ると美しい赤松林に囲まれている事に初めて気づいた。 これからも絵を描き続けて景色を見る目が少しづつ変化するのを楽しみにして行きたい。
  • 三納(さん)
    絵筆をとったのは中学生以来。一昨年から始まった月1回の新入会員向けの自修会(川修会)で、お手本を見ながら描きました。我ながらよくできたと自画自賛。しかし、この絵以外は駄作ばかり。『ビギナーズ・ラック』はゴルフだけではないようです。

    DF事務所にお立ち寄りの時はじっくりとご覧になってください。

    (以上 三納吉二)

    トップページ

2018年5月27日 掲載

近江八幡 スケッチ合宿

彩遊会前半の最大の活動である「スケッチ合宿」が5月23日〜25日まで、琵琶湖畔の近江八幡で開催されました。参加者は17名とこれまでで最も多い方々が参集、経験1、2年の初心者の皆さんも大勢が参加されました。

今回のスケッチ合宿は、JR近江八幡駅近くのホテルを起点に参加者の皆さんそれぞれが好みのスケッチポイントに出かけるスタイルで実施。初日の23日は12時頃にホテルに集合しましたが、残念ながら小雨模様のお天気のためスケッチ場所の下見を兼ねた観光地巡りとなりました。夕方6時からはスケッチ合宿のもう一つの楽しみの夕食懇親会。雨天で1枚も描けなかったのですが、酒瓶はどんどん空になり、絵画談議に大いに盛り上がりました。

翌24日は朝から快晴、朝食もそこそこに7時過ぎには出発する方々も。皆さん元気にスケッチポイントに出かけて行きました。

(クリック拡大)
豊臣秀次が築いた「八幡掘」 聖徳太子が創建した「長命寺」 琵琶湖最大の島「沖島」

近江八幡には、比較的限られた地域に、豊臣秀次が築いた「八幡掘(はちまんぼり)」、近江商人の町並み、琵琶湖の内湖の「近江八幡の水郷」、聖徳太子が創建したとされる「長命寺」、また、近江八幡の沖合1.5kmには淡水湖で漁業を営む方々など300人が住む琵琶湖最大の島「沖島(おきしま / おきのしま)」があります。そして、安土地域には「安土城跡」などがあり、数多くのスケッチポイントがあります。

食べる楽しみでは、近江牛が全国的にも有名で、2日目の夕食懇親会は近江牛ステーキのフルコースと美味しい赤ワインを堪能しました。かなり酔いも回ったところで、恒例の各人が描いたスケッチをご披露、描いたモチーフが様々で個性豊かな彩遊会の楽しみを共有しました。

3日目は朝食後に解散となりましたが、各自もう1枚、もう2枚を描きに出発していきました。今年のスケッチ合宿も会員相互の交流とスケッチの腕前を切磋琢磨する楽しく有意義な合宿となりました。

(以上 井上史男)

トップページ

2018年4月5日 掲載

DFオフィス・ギャラリー(4-5月)

DFオフィスギャラリー4〜5月は、関口洋一さんの水彩画「冬の風景習作」と邊見敏江さんの水彩画「白川郷の雪景色」です。お二人とも一昨年の彩遊会入会と同時に水彩で本格的に絵を描き始めた初心者ですが、プロの水彩画家の単発の講座を受講したり、模写に取り組んだりと日々の努力で1年前とは見違えるように腕を上げています。

2点とも雪景色を描いたものですが、雪の景観、光の描写など素晴らしい仕上がりと思います。DF事務所にお立ち寄りの時はじっくりとご覧になってください。

(以上 井上史男)

トップページ

2018年1月15日 掲載

DFオフィス・ギャラリー(1-3月)

2018年1月から3月までのDFオフィス・ギャラリーは、金子勇雄さんの水墨画「雨晴海岸から望む立山連峰」と、山田昌和さんの水彩画「東大寺転害門」が展示されています。

DFオフィスにお立ち寄りの折に、お2人の絵画をお楽しみください。

(以上 井上史男)

トップページ

画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像
自前の画材で参加したやる気満々の生徒さんと当日の世話役の皆さん
画像
こんな絵を描く実習でした
画像
安永さんを囲んで卒業を証明する絵を胸に記念撮影
画像
安永先生の筆さばきで劇的に絵が変わる様子を全員で勉強
画像
受講生の中には元初心者も 熱気あふれる会場の様子が伝わっています
画像 画像 画像 画像 画像 画像