groups

1.目的

令和に入って益々人生100歳時代になりますが、江戸幕末・明治・大正・昭和を生き抜いて91歳の天寿を全うした渋沢栄一ですが、その活躍は日本資本主義の父あるいは日本近代化の父と称せられています。一般社団法人ディレクトフォースの会員の平均年齢は73歳前後と思われます。大活躍した渋沢翁の天寿迄まだ平均して20年弱の歳月があります。
現在の我が国を取り巻く国際情勢や国内の解決すべき問題は山積みと言っても差し支えありません。願わくは渋沢栄一の人生とその社会的な活動を研究することによって、「日本国家及び世界の新しいあるべき秩序形成へ向けての、思考力や発信力を養っていく」ことを目指していくことです。

2.手段

渋沢栄一の研究方法は数多くあると思いますが、最初に企業人OBや組織人OBが多いディレクトフォースの特徴に鑑みまして、「渋沢栄一の追体験」を通じて行ってみることにしました。そのために経済小説家の誉れ高い城山三郎氏の「雄気堂々」の読書会形式を通じて、実行することにしました。

小説「雄気堂々」は栄一(19歳)と妻千代との祝宴のシーンから始まります。生まれ故郷の血洗島での渋沢栄一の生涯の始まりです。小説は栄一43歳(明治16年)の頃で終わっています。NHK大河ドラマ「青天を衝け」の放映もあり、書店に行けば例えば「渋沢栄一完全ガイド」なるものがあり、誕生からの年表を見ることができます。また小説「雄気堂々」の後の実業家活躍時代の続きや民間国際交流活動や慈善活動、女子教育を含む教育支援活動などと共に国際情勢を含む時代背景などその概略を知ることができます。(その意味で本読書会形式は渋沢栄一研究の入り口かもしれません)

また城山三郎独自のタッチで、「渋沢栄一の人生に関わる出来事」や「渋沢栄一の人生観など」を、凝縮した「言葉」や「概念」で言い表しています。小説の醍醐味と言えるでしょう。渋沢栄一の前半生を追体験しながら、渋沢栄一に降り注ぐ数々の諸相を垣間見ていくことができます。それを読書会のメンバー間で発表・意見交換する中で、「青年期までに形成された思想や渡欧体験で学び取った思想、そこから滲み出る構想や編み出される構想を実行して実現させた渋沢栄一」を現代において追体験していくこと。また渋沢栄一個人を超えた「時勢の力」や「天命と思われるもの」などをも感じ取り、考えていくことによって、「日本国家及び世界の新しいあるべき秩序形成へ向けての、思考力や発信力を養っていく」ことの研究会としていきたい。その第一歩が読書会形式による発表・討論・意見交換であります。そのあとは参加メンバー全員で、渋沢栄一研究の次の方法論を考えていきたいと思います。

以下は実績のページで表示

3.推進状況

予想に反して当初からの参加人数が多く、2つのグループに分けて実施することにした。
1グループ8名とした。Aグループのメンバーは(敬称略)真瀬、木口、赤堀、得丸、西村美奈子、永合由美子、藤村、濱名である。Bグループのメンバーは(敬称略)平尾、嘉屋、高橋、新庄、安倉、千崎滋子、藤村、濱名である。研究会の共通点を持たせるため、藤村と濱名は両グループのナビゲーターを司ることになった。

Aグループの第1回定例会(2021年3月15日)では、「老練とは何か」「江戸幕藩体制末期の能力主義」がテーマとして発表者・濱名から提示された。自己紹介を含めた意見交換が真瀬さんのナビゲーションで活発になされた。第2回定例会は5月17日に開催予定で、発表者は立候補された永合由美子さん。永合さんからは「交渉術、読み合戦」(徳川慶喜と西郷隆盛との読み合い)と「覚悟・賭け」(渋沢栄一の大沢源次郎捕縛のシーン)の二つのキーワードが意見交換の題材として挙げられた。(この記述は5月9日に書かれている)この二つの「言葉」・「テーマ」について、議論や意見交換が行われることになる。

Bグループの第1回定例会は4月21日に行われた。2つのテーマは、「老練とは何か」と「人というものは、ふいに僥倖がくるものだ」という言葉・フレーズが共通読書の小説「雄気堂々」からピックアップされた。読書会では平尾さんの戦時体験などを通して、平尾さんなりの「僥倖や天命」の意味合いが語られ大いに盛り上がった。また自己紹介絡みで、安倉さんから「日本の国際競争力とは一体何か?」というご自身の研究テーマが提示された。渋沢栄一には若き日の渡欧やその後の訪米訪欧を通して、「類似」と「差異」に注目してきた事実があります。メンバーの藤村さんの「企業人としての米国滞在10年」の体験話を聞くことによって、渋沢栄一の外国からの「吸収力と類似・差異」に迫る為の「露払い役」を演じてもらうことにした。そのためBグループ第1回特別会を設定して5月2日に開催した。なお第2回定例会は6月16日19時より開催されます。発表者は立候補された千崎滋子さんです。

以上、研究会開催の状況をお伝えしました。