groups


1.概要

終活とは従来の家族関係、価値観の急激な変化により日本全体が少子高齢化に向かい、そのため自らの人生を総括し自分らしく生きるために、そして後を託す人が困らないように準備をすることです。
実際多くの人が家族の介護や親がなくなった後の手続きで苦労され、特に遺産相続で争うケースが年々増えているのが現状です。元気なうちに何らかの準備をして自分や家族、親しい人が困ることがないようにしてくことが大切です。
「自分だけはまだ先だ」となかなか受け入れられないのが事実です。 しかし、身近に来る老いには勝てず終活の準備をして人生100年時代高齢期の人生を豊かに過ごすことが必要になっていると言えます。

終活分科会は以下の具体的な情報提供・紹介等を通して会員への貢献をしていきたいと思います。

2.終活分科会活動

☆実務活動のポイント~具体的な活動(情報提供・相談等)

① 介護付有料老人ホーム
(ホーム等見学会・認知症サポーター研修等)
② エンディングノート
③ 遺言書・遺産相続
④ 生前整理
⑤ その他(専門家との連携・紹介)

☆研究活動のポイント~具体的な活動(情報文献紹介相談等)

① 民事信託【家族信託】・事業承継
② 高齢者を支える制度
③ シニア研究団体との共同研究
④ その他
(全国で行っているボランティア活動事例紹介)

また、広く会員から意見を聞き実践できることを取り上げていきたいと思います。 終活分科会から学び実践することは【よりよく生きるための人生をデザインする】ことではないでしょうか。