サイト内検索 powered by Google

一般社団法人 ディレクトフォース

bt_ホーム
タイトルイメージ

2018年6月19日

見出しアカデミー活動

見出し トピックス(2018年版)

目 次

掲載日付 タイトル
6月19日 SNS勉強会を開催
3月16日 角忠夫会員主催「技術経営塾」修了式でDFが優秀者を表彰

(掲載日:2018年6月19日 )

SNS勉強会を開催

アカデミー本部では3月22日、4月11日、4月23日、5月21日の4回に亘り、会員対象にSNS勉強会を開催しました。参加者は延べ97名におよび、会員の関心の高さが伺われました。

講師は会員同士の研鑽の精神に基づき、外部から招聘せず、SNSを積極的に活用しておられる三竿郁夫会員(1159)にお願いしました。

講義は、まず、近年急速に変化してきたデジタル時代の動向について、そして、どの会社や団体もSNSを広告や情報提供手段として活用し始めたことの説明から始まりました。

SNSにはLINE、Facebook、Instagram、Twitter、LinkedIn など、いろいろな種類があります。夫々の特徴、使い方の相違、更には、DFの組織として、あるいは会員個人が活用するには、どのようにすればよいかの意見交換も行いました。

提起されているSNSのリスクや懸念、高度情報社会の課題にも注視しつつ、今後、DFの会員相互の情報共有、帰属意識の醸成のみならず、DFWebと連携して、ディレクトフォースの素晴らしい活動をいかに全てのステークホルダーに理解して興味をもっていただくかというブランディング戦略の一部としてSNSを活用していきたいと考えています。


ディレクトフォース会員の スマホ・SNS活用アンケートの結果

以上 
(小林慎一郎)

ページトップ

(掲載日:2018年3月16日 )

角忠夫会員主催の「技術経営塾」修了式でDFが優秀者を表彰


「技術経営実践スクールTMPS2018」の案内書
(同サイトより)

3月10日(土)に開催された「技術経営TMPS2017実践スクール」の修了式で、ディレクトフォースが成績優秀者を表彰しました。

この経営塾は、会員の角忠夫さんが代表を務める「むさし野経営塾」と「メタテクノ社」が中堅企業の経営者及び有望な社員対象に主催している技術経営(MOT)の講座で、DFはこの経営塾を後援しています。

角さんはリカレント教育に強い関心を持たれており、実践スクールは今年度で12年目を迎えました。IoT の時代にビジネスモデルをどのように変えて、0を1に変えていくか、1を10にするにはどうしたら良いか、産業構造の変革をいかにチャンスに変えていくかをコンセプトに今年度は講義が行われました。

DFアカデミー本部からは、今年度は藤村さんと福原さんの2名が講師として派遣され、経営経験に根差した BtoB マーティング、管理会計の講義が行われました。今年度の受講者は23名で、中には服部さんが支援している東京衡機試験機社から派遣されたマネージャ候補の若手社員もいました。

この塾は、単に年間12回の講義を行うだけでなく、受講者同士の相互切磋琢磨を重要視しており、合宿研修などを通して、1年間講義終了後には人脈形成が出来、DFの経営支援の理念と共通するところがあると感じました。

修了式当日は受講者の最終論文の発表があり、角さんとメタテクノ社福重社長の講評ののち、優秀者にディレクトフォース優秀賞が代表理事真瀬宏司名で保坂事務局長から授与されました。

主催者挨拶の角忠夫さん 最終論文の講評を行う角さん


成績優秀者にDFから授与された賞状


「技術経営塾」修了式の記念写真

修了式の後、懇親会が催され、受講者の気を一にした謝恩の余興などがあり、受講者全員と経営塾の一体感の醸成がなされていました。

2018年度もDFアカデミー本部からは3名の講師派遣が予定されており、今後一層、企業支援事業との連携にも期待されます。

(小林慎一郎)

ページトップ