サイト内検索 powered by Google

一般社団法人 ディレクトフォース

bt_ホーム
タイトルイメージ

 2018/7/1(No272)

「幸せな人生をつくる映画の輪」

ーー ディレクトフォース映画同好会 ーー

真木 郁夫

私

2年前の新聞に「幸せな人生をつくるもの」というタイトルの記事が掲載されていた。内容はハーバード大学のロバート・ウォルディンガー教授が約75年間数百人の卒業生と若者を対象に人生のさまざまな側面を調査研究し「ハーバード成人発達研究」として結果を発表した。教授は「何がいい人生をつくる?」の問いに対して豊富なデーターを基に「いい人間関係に尽きる」と言い切った。

この言葉は、自分がそれなりの年令になった今、実感を伴って理解できる。

身近なところでは、パートナー、家族、友人、地域社会などとの「信頼高い関係」が幸せな人生の根拠なのだ。

ディレクトフォースはこのような良好な人間関係を提供する場であると思う。

さらに「映画同好会」や数多くの趣味の会も同じである。

今から十数年前、当時ディレクトフォースの事務局長だった横井さんから「あなたの趣味は何なの」と聞かれ「映画です」と答えたのがDF映画同好会のきっかけだった。横井さんのすすめで映画同好会を作り、幹事をつとめることになった。

5〜6人ではじめた映画同好会も今は50名近くになり活発に活動している。


2ヶ月毎に行なわれている例会のひとつ「名作映画鑑賞会」の様子(写真は合成)

活動内容は

  1. 封切り映画鑑賞会
    最も新しい映画を見て観賞会を開く。
    直近の映画鑑賞会では「スリービルボード」「北の桜守」が課題映画だった。
  2. 名作映画鑑賞会
    名作といわれる映画をDVDで鑑賞する。
    今年はイングリッドバーグマン、ユルブリンナー主演の「追想」を観たが、感想会では「イングリッドバーグマンはもっときれいかと思った。年だなあ。ガッカリした」(このときバーグマンは40代だった)あまり映画とは関係ないことで盛りあがった。


    追想」のイングリッドバーグマンとユルブリンナー

    かってはキャサリンヘップバーンとロッサノブラッツイのラブロマンス「旅情」の感想会を開いたとき「キャサリンヘップバーンなんてあんな女のどこがいいんだ」などと独断と偏見の大胆な感想もあった。こころの中で「あなたが付き合うわけでもないのに」と思った。
    映画同好会の会員は自由奔放な発言が多いが、もちろん本格的正統な映画評論も多い。
  3. 試写会
    日本記者クラブの会員の案内で封切り前の映画を鑑賞する。
  4. スピーチ
    会員の映画に関するスピーチで、さまざまな角度での見方が面白い。
    「ミュージカル映画」「落語と映画」「アニメ映画」「寅さんシリーズ」「銀行と映画産業」「パニック映画考」「インド映画」「藤沢周平の世界と映画」「映画に見る女性たちとお国柄」「読んでから観るか、観てから読むか」「人間の歴史とメデイア」「思い出の映画、思い出のシーン、思い出のセリフ」「韓国時代劇」などユニークな評論が多い。
  5. ゲストとの懇談会
    H30年1月はハリウッド在住の元女優と懇談した。


例会の後のコミュニケーション 話題は尽きずいつも盛り上がる

このような会合を通して、いろいろな人に出会い、映画の見方、知識を得た。これからも親しい人達との付き合いを続け、幸せな人生を送りたいと思っている。エンドマーク

まき いくお ディレクトフォース会員(209)
元 住友金属鉱山 

一般社団法人 ディレクトフォース 〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル 7F

e-mail : info@directforce.org | Phone : 03-6865-7860 | (C) 2011 DIRECTFORCE

アクセスマップ