サイト内検索 powered by Google

一般社団法人 ディレクトフォース

bt_ホーム
DFの研鑽支援活動

2017年8月6日

見出し定期例会(総会・講演・交流会)

 

見出し 講演・交流会の概要(2017年)

2017年8月6日 更新

目 次

例会名 タイトル 講 師
7月講演・交流会 経済と安全保障:歴史と理論の視点から 小野 圭司 氏
4月講演・交流会 バチカンを通して見た西欧 上野 景文 氏
3月講演・交流会 僕はミドリムシで世界を救うことに決めました 出雲 充 氏
1月講演・交流会 日本とアフリカ 和田 明範 氏

2017年8月7日

第171回 講演・交流会(7月例会)

『経済と安全保障:歴史と理論の視点から』

出雲充氏真夏日が数日続いた後の突如のゲリラ豪雨に見舞われた7月18日(火)学士会館にて、171回講演・交流会が84名の参加をいただき15時から開催いたしました。

講演会は、防衛省防衛研究所 防衛政策研究室長 小野 圭司氏に『経済と安全保障:歴史と理論の視点から』というテーマで、ご講演いただきました。

講演の要点は以下の4点です。

  1. 防衛研究所とは
  2. 経済と安全保障(理論編①)
  3. テロの経済学(理論編②)
  4. 経済と安全保障(歴史編)

講演終了後、事務局連絡があり、その後で6名の新入会員の紹介がありました

講演会の様子
左から高柳 由行(1181)吉川 隆雅(1180) 西村 二郎(1179)
山下 明(1177) 新宮 清志(1171)横山 祐作(1169)のみなさん

 

◇ ◇ ◇

懇親会は、講師の小野 圭司氏を紹介した、DFM企業支援事業部長の近藤勝重さんの乾杯の音頭で始まり小野 圭司、氏を囲み質問をしたり、歓談をしたりでみなさん楽しい時間を過ごされました。

  • 当日のアルバムはこちらからご覧いただけます

(森川紀一・記 三納吉二・撮影編集)

btn

2017年4月28日

第170回 講演・交流会(4月例会)

『バチカンを通して見た西欧』

出雲充氏春とは言えやや蒸し暑い程の陽気の4月19日(水)学士会館にて、170回講演・交流会が80名の参加をいただき15時から開催いたしました。

講演会は、文明論考家、元駐バチカン大使の上野景文氏に『バチカンを通して見た西欧』というテーマで、ご講演いただきました。

講演の要点は以下の3点です。

  1. 何故バチカン?(前提となる問題意識)
  2. 西欧の特質
  3. ヨーロッパの多様性/4つの文明的『断層』

講演終了後、事務局連絡があり、その後で3名の新入会員の紹介がありました。

講演会の様子
左から髙田 幸男(1148)錦織 淳(1168)三浦 陽一(1172)のみなさん

 

◇ ◇ ◇

懇親会は、講師の上野景文氏を紹介した、DFアカデミー事業部長の小林慎一郎さんの乾杯の音頭で始まり、上野景文氏を囲み質問をしたり、歓談をしたりでみなさん楽しい時間を過ごされました。

なお、講演に関して時間的制約で割愛された内容を聞きたいとの要望が多く寄せられました。

  • 当日のアルバムはこちらからご覧いただけます

(森川紀一・記 三納吉二・撮影編集)

btn

2017年3月10日

第169回 講演・交流会(3月例会)

『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました』

出雲充氏3月22日(水)学士会館にて、169回講演・交流会が96名の参加をいただき15時から開催いたしました。

講演会は、株式会社ユーグレナ代表取締役社長出雲充氏に『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました』というテーマで、ご講演いただきました。

お話しは、保坂事務局長による講師紹介に続き、出雲充氏の『全世界のミドリムシを代表してお礼を申し上げます』との言葉から講演が始まりました。

講演の要点は以下の3点です。

  1. 私とミドリムシとの出会い
  2. ミドリムシの科学技術の実装と社会への影響
  3. ここが変わると日本が変わる
    (若い人のイノベーション実現を妨げる重石)
講演会の様子

講演に引き続き、講演会場で出雲氏との名刺交換が行われ長蛇の列ができました。

名刺交換と並行し、時間の関係もあり懇親会が始まり、まず事務局連絡として下記1名の新入会員の紹介がありました。

矢澤英人さん(1167)

◇ ◇ ◇

名刺交換が終了した後、出雲氏が懇親会に合流し、改めて若者が相談に来た時『聞いたことがないからリスクだ』と考えず『聞いたことがないからチャンスだ』と考え『どのようにしたら社会に役立てることができるか』を前向きな考えで皆さんの知見・経験を役立てて頂きたいとの挨拶と共に乾杯をいたしました。そして最後まで歓談でみなさん楽しい時間を過ごされました。

  • 当日のアルバムはこちらからご覧いただけます

(森川紀一・記 三納吉二・撮影編集)

btn

2017年2月18日

第168回 講演・交流会(1月例会)

『日本とアフリカ』

講師1月31日(火)学士会館にて、168回講演・交流会が75名の参加をいただき15時から開催。講演会は、元スーダン大使の和田明範氏に『日本とアフリカ』というテーマでお話をいただきました。

一般の報道等では得ることの出来ない現地で生活をしていなければわからない情報が(例えば、アフリカを紹介しているキリマンジャロを背景にライオンが寝そべるという写真が、非常に稀な事柄であるか等) 満載の講演でした。

まず講演に先立ち保坂事務局長による同氏の紹介が始まりました。

同氏は、16年間の自衛隊勤務を経て、外務省に移籍しました。外務省の本省では、主に安全対策の専門家として勤務し、海外ではケニア、米国、インドネシア、東ティモールなどに在勤しました。2008年にパキスタンのカラチ総領事、2010年にスーダン大使を勤め、2012年に外務省を退官しました。2014年3月から1年間、NGO日本地雷処理を支援する会(JMAS)の現地代表としてパラオで不発弾処理活動に従事し現在、JMAS顧問をされております。

 

講演会の様子

講演会に引き続き、事務局連絡として下記1名の新入会員の紹介がありました。

戸村良雄さん(1155)

◇ ◇ ◇

講演後会場を移して恒例の交流会が行われました。講師の和田明範氏を御紹介いただいた田部 揆一郎さん(517)の乾杯の発声でスタート。ゲストの和田明範氏には交流会の中締めまでお付き合いいただき、その間、同氏の周りは、ご挨拶のための行列ができていました。そして最後まで歓談でみなさん楽しい時間を過ごされました。

(森川紀一記)

  • 当日のアルバムはこちらからご覧ください

btn