サイト内検索 powered by Google

一般社団法人 ディレクトフォース

bt_ホーム

2015年10月6日

見出し教育部会

教育部会 授業支援の会

見出し 授業支援の会

1.会の目的:

「グローバル化時代」「知の大競争時代」と言われる現代社会において、日本の将来を担う児童・生徒が自信と誇りを持って生きていくためには、学校の授業に加え実業界での経験者の体験を伝えることが有効と思われ

  1. 社会生活における学校教育の重要性
  2. 海外への関心を深め、世界の国々と交流することの大切さ、楽しさ
  3. 科学への関心を深め、理数科系教育の大切さ、楽しさ

等を教え理解させることを目的とするものです。

2.具体的な授業内容:

  • 働くことの重要性、社会に貢献する喜び、実務体験と仕事を通じて磨かれる能力と人間的成長、自分の適性と長所を生かせる仕事が必ずある、学校時代にやっておけば良かったこと
  • 外国、日本の歴史や文化の理解を深め敬意を払う必要性、誇りを持つ大切さ、国際社会を身近に感じさせる実体験の紹介、国際社会で働く楽しさ、必要性、厳しい社会・時代の中で生きていることの理解
  • ものを作る喜び、物作りの大切さ、日常生活に役立つ理科・科学技術の面白さ、社会への貢献、今の勉強が世の中にどのように役立つかを理解、「理科離れ」に授業・講話で対応

目的

3.活動の方法:

基本的には「理科実験グループ」と同様に各地域の学校教育コーディネターと連携して学校側と出前授業の内容の摺合わせを実施後、授業を行う。 活動の基本は会員のボランティア活動とするが、実際の運営にあたってはDF事務局に相談の上ご支援をお願いすることもある。

DF授業支援の会の「パンフレット」はこちらから