サイト内検索 powered by Google

 

一般社団法人 ディレクトフォース

DFの社会貢献活動

2021年8月5日

見出し環境部会

見出し トピックス(2021年版)

掲載日:2021年7月18日

第46回DF環境セミナー

「日本の再生可能エネルギーに関する基礎と課題」

第46回環境セミナーは、2021年7月2日(金)14:30~16:30 Zoom方式にて講師に日本再生可能エネルギー総合研究所代表 北村和也氏を迎え参加者75名を得て開催した。

◇ ◇ ◇

  • 日 時:7月2日(金)14:30~16:30
  • 会 場:オンラインZoom方式
  • テーマ:「日本の再生可能エネルギーに関する基礎と課題」
  • 講 師:北村 和也 氏
    日本再生可能エネルギー総合研究所代表
  • 参加者:75名

 

講演の要点は次の通り。

  1. 待ったなしの脱炭素社会~日本と世界の動向~

  2. 再生エネ電力の価値上昇(コスト・研究費・電力自由化・デジタル・課題と覚悟)

  1. 再生エネ電力の需要急拡大

  2. 日本の電力システムの現状

  3. 再生エネ電力をめぐる課題

  4. 再生エネをめぐる5つの課題

詳細はこちらからご覧ください。

以上 
(環境部会セミナー企画分科会 佐々木正延)

掲載日:2021年7月12日

自然保全活動分科会

「駒場公園旧前田邸和館庭園整備作業」

梅雨の合間の7月5日(月)午後に、かねて予定していた「駒場公園旧前田邸和館庭園整備作業」を実施しました。直前に熱海の大規模土砂災害が起こった直後で、激しい雨が心配されましたが、目黒区のピンポイント天気予報では降っても小雨程度で、午後3時以降は上がるとのご託宣を基に実行しました。

昨年から続くコロナ禍で、東京都では16日連続前週の同じ日の感染者数を上回る趨勢の下、私達会員の多くが丁度ワクチン接種の2回目前後ということもあり、当日の参加者は5名と、昨年の半分に留まりました。

しかし、集まった5名の面々は久しぶりの草刈り作業に満を持して取り掛かり、立ち会った目黒区の係員も一緒に精力的に作業してくださいました。庭園内にある大きな樹木の下では殆ど雨を感じないほどだったので、雑草刈り作業はこまめな休憩を挟みながら、順調に庭園内に張り巡らしてある敷石群の周囲を中心に整備しました。

昨年の時よりも雑草の背丈は低く、しかも梅雨時の表土も適度に柔らかいため、軽い鎌の方が長柄の鋏より効果的な得物でした。

以上 
(環境部会自然保全分科会 平井隆一記)

掲載日:2021年3月18日

第45回DF環境セミナー

「電力エネルギーについて考える」

昨年10月菅首相は日本の環境政策として「2050年にカーボンニュートラル(CN)を目指す」と宣言。米バイデン大統領は就任初日にパリ協定復帰を明言。一方世界最大のCO2排出国中国の習近平国家主席は昨年9月の国連総会でCO2排出量を2030年までに減少に転じさせ、2060年までにCNを目標と表明。この人類が抱える大問題解決実現が果たして可能なのか。原発問題、再生エネルギー開発、水素社会に向かって技術力、イノベーション開発等と資本主義とのトレードオフ、経済・社会生活の変 革に関わる諸問題を元Jパワー副社長内山正人氏(DF会員)に広範囲なデータを基に総合的整理・俯瞰した講演をしていただいた。

◇ ◇ ◇

  • 日 時:2020年3月5日(金)15時~17時
  • 会 場:オンラインZoom方式
  • テーマ:「電力エネルギーについて考える」
  • 講 師:内山 正人 氏
    (元Jパワー副社長 DF会員)
  • 参加者:75名

 

講演の要点は次の通り。

詳細はこちらからご覧ください。

  1. エネルギー全般

    1. エネルギーは、政治、経済、社会、安全保障等に広い関わりがある
    2. エネルギーフローバランスや、各エネルギー源にはトレードオフがある
    3. 日本のエネルギー基本計画
    4. 環境問題、パリ協定
    5. 日本のカーボンニュートラル宣言
  2. カーボンニュートラル

    1. 世界のCO2排出、CO2削減
    2. 地球温暖化、IPCC,気候変動
    3. 地球温暖化問題と金融財政政策
    4. エネルギーフローの変革とカーボンニュートラル
    5. カーボンニュートラルの各種政策
  3. 電力

    1. 電力自由化(日本)
    2. 各種発電の課題
    3. 原子力発電
    4. 水素発電を含め、今後の技術革新
  4. 質疑応答

以上 
(環境部会セミナー企画分科会 松崎 浩)