一般社団法人 ディレクトフォース bt_ホーム
サイト内検索 powered by Google
トップ画像

見出し_1トピックス

17/02/21

被災地気仙沼での理科実験が
地元新聞「三陸日報」に掲載されましたbt_new

去る1月18日(水)19日(木)の両日、気仙沼市の小原木小学校、松岩小学校、新城小学校で理科実験グループが出前授業を行いましたが、 このうち1月18日に小原木小学校で行った理科実験の様子が、地元新聞の「三陸新報」に取材され、記事になって掲載されました

続きはこちら

17/02/20

企業ガバナンス部会 第4回研修会が行われましたbt_new

CG部会 第12期第4回研修会が1月23日(月)、佐藤総合法律事務所 末永聡弁護士をお招きし、不祥事調査や第三者委員会事務局運営のご経験を踏まえて、第三者委員会の実際と不祥事について自らが責任追及の対象とならないよう、社外役員として留意すべき点についてご講演いただきました。

続きはこちら

17/02/20

理科実験グループの活動が
学会誌「科学・技術研究」の論文に紹介されましたbt_new

昨年12月に発行された学会誌「科学・技術研究」に、山形大学大学院立花和宏准教授がDF理科実験グループの活動に関する論文を投稿されました。「子どもたちの目の輝きに魅せられて」と題し、DFの理科実験を自然科学教育、子どもの成長、社会貢献、生き甲斐などの視点から客観的に考察した論文で、単なる紹介記事ではなく、教育とは何かに一石を投じる学術論文となっています。

続きはこちら

17/02/18

第168回 講演・交流会(1月例会)bt_new

1月31日(火)学士会館にて、168回講演・交流会が75名の参加をいただき15時から開催しました。講師は、元スーダン大使の和田明範氏で『日本とアフリカ』というテーマでお話をいただきました。

続きはこちら

17/02/17

勉強会「一神教のもつれた糸はほぐせるか」第4回bt_new

2月13日(月)14:00から「一神教のもつれた糸はほぐせるか」の4回目が会員27人が参加して行われました。前回から3つの一神教それぞれの「啓典と信仰」について触れられ、第3回は「旧約聖書とユダヤ教」について、第4回目の今回は「新旧約聖書とキリスト教」についてお話をいただきました。

続きはこちら

17/02/04

勉強会「仏法探訪パート2 第9講」

1月27日(金)13:00から2F大会議室C&Dで9名が参加、茶野浄蓮講師による「仏法探訪パート2 第9講」が行われました。

「本日は大乗仏教について前回からの続きと、日本へどのように仏教が伝わってきたかをお話します」と始まりました。

続きはこちら

見出し_1 お知らせ

17/2/14

技術部会より

  1. DF技術部会「瓦版」第41号が発行されましたbt_new
    1月例会で発表された内容をカバーしています。こちらからご覧ください(会員限定)。

見出し_1 イベント情報

開催日 内容
2月23日(火) 14:00 ~ 16:00 「第32回 環境セミナー」
「迷走する日本の原子力政策 ー その行方と課題」
bt_new
滝順一氏 日本経済新聞編集委員
3月6日(水)
10:00 ~ 12:00
勉強会「一神教のもつれた糸はほぐせるか」第5回bt_new
秋山哲 氏(DF会員 元毎日新聞 元日本イスラエル親善協会代表理事会長)
3月8日(水)
10:00 ~ 12:00
ガバナンス部会研修会 (12-6)
パネルディスカッション
bt_new
(DF会員と機関投資家)
3月 22日(水)
15:00 ~ 18:00
講演・交流会
「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました」
bt_new
出雲充氏(ユーグレナ社長)

見出し_1 更新情報

更新日 内容
1月31日 1月度新入会員1名の方が入会されました(会員専用)bt_new
2月18日 DFカレンダー(イベント、案内状などを追加しました)bt_new
dummy calendar

メンバーズ・エッセー
239号(2017.2.16)

筆者

筆者:米田 保晴さん 

目次はこちら

2017年2月20日

ーー お悔やみ ーー

会員の訃報です。

⇒ 詳細はこちら(会員限定)をご覧ください。